グローバルな人間に育てる

勉強

将来に必ず役立つ

日本語は日本という国の固有言語です。母音が5つであったり、ひらがな・かたかな・漢字があることなど、日本語は覚えることも多く、他国の言語からすると特殊な面も多い言語であると言えます。日本人は小学生から英語に触れ、中学生から本格的に勉強するのが普通ですが、そのままの教育では英語を使いこなす人間にならないことが多く、英語以外の母国語をもつ国の中でも英語習得率は低いのが日本です。数年後から小学生も英語が必須授業になるなど、日本でも義務教育からもっとしっかりと英語を学ばせようという動きがでてきています。しかし授業で学ぶ英語では、文法などを覚えてテストの点数をつけやすくする内容が多く、会話ができるようになる点では向いていません。そのため塾で学ぶ子供が年々増えています。幼稚園からネイティブアメリカンな発音を学ぶため、外国人教師が教える塾が人気となっています。幼稚園や小学生向けの塾では、文法などを教えずに、単語や発音を学び楽しく英語に触れる機会を持つスタイルが主流です。中学生や高校生などの学生には受験対策がなされますが、社会人が学ぶ塾では英会話ができることを重点として学ぶスクールが多く、外国人教師から正しい発音などを学んでいます。幼稚園や小学生の塾は、英語にふれて楽しく学び、苦手意識をなるべく持たない授業内容を行っている塾が多く、英単語を読んだり、書いたり、歌を歌って楽しく学び、身についていくスタイルとなっています。

先生と生徒

大人としての節度を守る

面接を受ける際は社会人としてマナーを守れる人かどうかチェックされています。控え室の段階で携帯を触らないように注意しましょう。またマナーで忘れたくないのが挨拶です。入室から着座まで「失礼します」の一言が欠かせません。

勉強道具

専門分野を集中的に学ぶ

専門学校には様々なジャンルがあり、その専門分野を集中的に学ぶ学校です。様々なジャンルの一覧から資格取得など目指してスキルを習得するため、自分に合う学校をオープンキャンパスに参加しながら選ぶと学びやすくなるといわれています。

学生

国内外問わず学べる

最近の通信制高校は幅広く学ぶことができます。そのため、自宅学習だけでなく全日制と同じ通学からインターネットを使った授業、それに海外留学もできます。海外に住んでいる人も日本の高校卒業資格を取ることができるのです。